アルミパウチ水素水のメリットデメリット

メーカーがアルミパウチを使用する理由

水素水がアルミパウチに保存されて市販されているのをよく見かけます。どのような製法で作られているのでしょう。アルミパウチ水素水は他の商品と同じく、専用設備の整った工場で生成されています。多くの場合工場では水素ガスを直接水に溶かすバブリング製法が採用されています。この製法は飲料の味や性質を変えることなく水素を添加できるというメリットがあり、マグネシウムで化学反応を起こしたものや、電気分解による製法よりも味がまろやかでおいしいという特徴があります。容器にアルミパウチが使用される理由は容器の水素保持力が高いためです。水素は拡散しやすいという性質があり、ペットボトルなどでは何日もしないうちに水素濃度がゼロになってしまいます。この点でアルミパウチは半年から1年水素を維持できますから、各社が積極的にアルミパウチを採用しています。

アルミパウチ水素水のメリットデメリット

アルミパウチ水素水の多くは名水百選にも選ばれる良質な天然水を使用していることが多いので、味が美味しいのが特徴です。またすでに水素が生成された水ですから、自宅で作る手間がいりません。ストックしておけば外出先にも持っていくことができ、持ち運びもとても便利です。一方デメリットとしては時間の経過とともに水素濃度が低下していくことです。アルミパウチは他の容器よりも水素が抜けにくい構造にはなっていますが、時間が経てばやはりいずれは抜けてしまうことは避けられません。さらに価格が他の水素水商品に比べると高めとなっています。アルミパウチ水素水はスパーなどの店舗やアマゾン・楽天・公式サイトからのネット通販から購入が可能です。ただアマゾンや楽天で購入した場合には製造日が古い商品が届く可能性が高くなるため、できたらメーカー公式サイトで製造からあまり日数が経っていないものを購入するのがおすすめです。